ポスティングでの集客効果をあげるコツは?

>

ポスティングによる集客効果を高める要点

ポスティングの集客効果を高めるコツ

インターネット端末の普及に伴い、特に若年層を中心として、新聞の定期購読を行わない世帯が増加してしまったことから、新聞の折り込み広告のような新聞と一緒に投函されるタイプの広告・宣伝が届きにくくなっており、スーパーマーケットをはじめとした食料品店や生活雑貨を扱うホームセンターのように、年齢層に関係なく普遍的な需要があるジャンルのポスティングなら、集客効果は十分に期待できるでしょう。

また、ポスティングが効果的な世帯としては、チラシやビラに親しんだ高齢世帯が挙げられ、生活とのかかわりが深い、食糧費店や生活雑貨店に加え、電気・ガス・水道といったライフラインに直結しやすい分野に加え、屋根や外壁の塗装工事なども集客が見込める他、地域ごとのニーズに応じたポスティングができれば、集客効果を発揮できるため、ターゲットを絞り込んだ上でのポスティングをお勧めします。

集客効果が低い時に見直すべきポイント

基本的にポスティングは、セオリーに則って需要に応じたターゲティングをしっかり行ってから行えば、一定の集客効果を望める広告・宣伝であり、集客効果が低い場合、需要の読み違いかターゲティングの失敗が最有力なので、地域需要の調査やターゲット層の絞り込みのやり直し最優先で行うべきです。

加えて、ポスティングの集客効果が低い場合に懸念されるのは、デザイン性や文字の大きさといった、チラシやビラ自体の質の問題で、デザイン性に関して言えば、使う色の数が多すぎても少なすぎても読む意欲を損ないかねませんし、詳細に説明するためであっても文字の大きさが小さすぎると同じく読む意欲を奪うことになりかねないため、目に優しい色使いでシンプルなデザインかつ読みやすい大きさの文字を使うことがベターではないでしょうか。