ポスティングでの集客効果をあげるコツは?

>

正しくポスティングを行うために

違法行為であると誤解されがちな理由

今もってポスティングはそれなりに効果のある広告・宣伝行為のままですが、長年ポスティングに法的な規制が設けられてこなかったため、一部の悪徳業者によって周辺の地域住民が著しく迷惑を被った結果、悪徳業者が属した業界全体が強力な法規制を受けると共に、ポスティング自体にも法規制が行われるに至り、ポスティングという行為そのものが違法であるかのような誤解を招くという事態を招きました。

なお、ポスティングが違法行為となる可能性があるケースは、郵便受けが住宅やマンション、アパートの敷地内にある場合、ポスティングの投函先がチラシやビラを禁じている場合に加え、ポスティングの内容が性風俗関係のものであった場合の三通りに大別される他、ポスティング目的で敷地内に自転車を駐輪したり自動車を駐車したりした場合も、ポスティングが違法行為と見做されるかも知れません。

合法的にポスティングを行う

郵便受けが敷地内にある場合が大多数を占める日本において、合法的なポスティングを行うためには、極論、投函先全てに許可を得る必要がありますが、投函先全てに許可を得るというのは合理性に欠けますし、チラシやビラを拒否する旨を張り紙等で明示している住宅を除く住宅へのポスティングが違法性を問われる可能性は低く、マンションやアパートのような集合住宅では管理者にボスティングの許可を受ければポスティングできます。

戸建て住宅では張り紙に注意し、集合住宅の管理者から許可を得ていれば、ボスティングが違法性を問われることはほぼありませんが、ボスティングの違法性を問われるリスクを少しでも回避したいのなら、ボスティングを専門とする業者に依頼してしまうのも良いでしょう。